変化の激しい近ごろ、加えて月日は光陰矢の如し・・・
とでも言いましょうか。まったくもって忙しい世の中ですね。
故に、見過ごしてしまっていることや、過度に執着してしまっていることがあるかも?
なんて思ったりしています。
戦中、戦後からメンズファッション、多様な文化をずっとウォッチし続けてきた石津祥介さん。何を隠そう「VAN JACKET INC.」創始者石津健介さんの、ご長男です。1960年代 黄金期を迎えたVANを、健介さんと共に作り上げた張本人。
現代ファッションに多大な影響を与える「TAKE IVY」も祥介さん著作です。
まごうことなき、ファッション界のマエストロの言葉で、一度立ち止り内観して見ませんか?

ごましおたかし


Profile

石 津 祥 介
いしづしょうすけ



1935年岡山市生まれ。
ファッションディレクター
明治大学文学部中退後、桑沢デザイン研究所卒
その後、婦人画報社「メンズクラブ」編集部を経て、
1960年(株)ヴァンヂャケット入社、主に企画・宣伝部と役員兼務
1965年の写真集「TAKE IVY」著作
日本メンズファッション協会常務理事、日本ユニフォームセンター理事歴任
石津事務所代表として、アパレルブランディングや、衣・食・住 に伴う
企画ディレクション業務を行う。
VAN創業者、石津謙介の長男



写真提供:石津事務所